アロマセラピーで足やせする方法

アロマフットバスは、アロマテラピーの考え方を活用して足やせをするという方法になるようです。まずくるぶしまですっぽり入れることができるバケツを用意し、やや熱めの湯を張ります。そこにアロマオイルを1〜2滴入れ、軽く汗をかくまで20分ほど足を浸しましょう。途中でお湯がぬるくなってきたら、その都度熱い湯を足します。冷え性対策、足やせ効果を期待するなら、アロマフットバスにはラベンダーやユーカリ、ローズマリーのオイルがいいでしょう。生理痛にはジュニバー、ゼラニウム、クラリセージなどのアロマが効くと言われています。利尿作用、疲労回復効果、発汗を促すものとしては、ラベンダーやサイブレス、レモンなどがお勧めの香りです。また、足やせ効果を期待するなら水分の排出を助けむくみを解消するヘリクリサムがいいでしょう。足を酷使して疲れた時や筋肉痛が出た時は、サイブレスやマジョラムがいいでしょう。足が蒸れて特有の臭気があるという人は、ティートリーやベルガモット、ペパーミントがいいでしょう。大事なことは、好きな香りを見つけてアロマセラピーに活用するということです。アロマオイルを使ってアロマセラピーを行う時には、好みに合致する香りを使わなければ効果が今ひとつということもあります。脳の視床下部をアロマで効果的に刺激するために、お気に入りの香りを見つけましょう。アロマフットバスを有効利用したアロマセラピーなどで、好みのアロマをフル活用してリラックスしながら、足やせ効果を満喫するといいでしょう。

Copyright © アロマセラピーで足やせする方法 All rights reserved